事故車の下取りも可能!【手続きが楽で手間を最小限に抑える】

記事リスト

キャンピングカー

比較的安価に購入できます

居住空間が自動車自体と一体になっているキャンピングカーと違い、ヒッチメンバーという装置で牽引するのがキャンピングトレーラーです。価格もキャンピングカーよりも比較的安価で、軽量のものであれば特別な免許も必要ないのが魅力です。

詳しく見る

運転

処分するのにかかる費用は

事故車の処分にはお金がかかります。一番高くつくのがレッカー代ですが、その他に廃車手続きに1万円〜2万円程度の費用がかかってくるでしょう。この費用を節約する方法を知っておけば0円もしくはお金を貰って処分できます。

詳しく見る

事故

買い替え時に役立つ

事故車は処分というのではなく、まず、下取りに出してみましょう。専門業者に下取りしてもらうことで、車の買い替え時に役立てることができます。もちろん、自動的に処分してもらえるので、その手間も省くことができて便利です。

詳しく見る

処分と購入が同時にできる

自動車

手間なく買い替えをしよう

自動車の買い替えを検討する時、下取りを利用する方が多くなっています。下取りとは、ディーラーなどの販売店で愛車を引き取ってもらうことを条件に販売店で新しく自動車を購入することです。下取りでは事故車でも引き取りをしてもらえます。事故車とは、修復歴がある自動車のことです。つまり事故により修理した経験のある車ということですが、単純に修理=事故車ではなく、自動車の骨格部分を修理したことがある自動車が事故車とされています。例えば、車をぶつけてライトが破損したのでライトだけを取り換えたというだけなら事故車にはなりません。査定では事故車の有無が大きく影響するため、これを理解しておかないと下取りの査定で損をしてしまう可能性があるので注意が必要です。事故車でも多くのケースで下取り価格はつきますが、故障した事故車の場合は処分に必要な廃車費用が引かれる可能性もあります。よって、修復歴があるけど自動車として機能している事故車に限り下取りを検討するのがおすすめです。査定という点では下取りよりも買い取りのほうが高値が付く可能性があります。それでも下取りが人気の理由には手間がないという点があげられるでしょう。下取りは自動車販売店で処分と購入が一度にできるため、手続きが楽で手間を最小限に抑えることができるのです。時間に余裕があり、手間をかけてでも車を高値で処分したいのなら買い取りを検討するほうがいいかもしれません。

キャンピングカー

中古なら購入しやすいです

キャンピングトレーラーの値段はキャンピングカーより安価とはいえそれなりの値段なので、無理なく始めるなら中古トレーラーがお勧めです。まず手軽に始めてみてどのようなものか慣れてきたら、新品の購入を考えるという選択も現実的で賢いかもしれません。

詳しく見る

模型

捨てるなら売ってしまおう

事故に遭った自動車は修理するか廃車にするかしかありません。廃車にした方が良い場合、処分するのなら廃車買取業者を利用する方法があります。お金を出して処分しなければならな車を、お金を貰って処分することができます。

詳しく見る