事故車の下取りも可能!【手続きが楽で手間を最小限に抑える】

記事リスト

処分するのにかかる費用は

運転

0円で処分できる

事故に遭った自動車を廃車にするには、主にレッカー代と廃車代が発生します。場合によっては安くない費用が掛かるため、節約する方法を考えましょう。まず、事故で壊れた自動車は動かせないケースがほとんどなのでレッカーで運ぶことになります。レッカーは任意保険のロードサービス、JAF、警察のいずれかがあります。事故の場合は知識がないと警察に任せてしまうことも多いですが、警察は高いレッカー代を請求されるためおすすめできません。会員になってるのならJAFでも構いませんが、一番安いのは保険会社のロードサービスです。ほとんどの保険会社では無料でレッカーをしてくれます。無料のロードサービス以外なら相場は1万円〜5万円、警察に依頼するとそれ以上かかることもあります。そして廃車にかかる解体代金、リサイクル代金、登録手続き代金が発生します。廃車手続きを永久抹消登録と言いますが、自分で登録手続きを行う場合は無料、代行業者に依頼する場合は代行手数料がかかります。また、リサイクル代金は現在の自動車なら購入時に支払っているケースがほとんどなので発生しません。発生する場合でも普通車で2万円程度です。解体代金は車種に関係なく1万程度です。廃車にする場合はお金がかかるのが普通ですが、事故車でも買取業者を利用すれば0円もしくは逆にお金を貰って処分することができます。そのため、安易に廃車を考えてしまうのではなく、廃車買取業者に連絡してみましょう。